上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そうですねー。怖いですねー。

長くなりそうなので追記から。


生徒の98%は自転車で通ってるのですが、僕はその時ちょうど自転車が壊れたり盗まれたりで徒歩で通うことになったんです。
まぁ帰りになるとみんなと一緒に帰りたいが為か、走ることが好きな自分はランニングして、走って帰ってたんです。
それがもう3年と続き、今週、3連休でしたので、火曜日から学校で。
ちょっと異変があったんです。
誰もが中学や高校で持久走ってのをやったことがあると思います。その時に横腹痛くなることってありますよね。
ただ今回はそんなのではなくて、心臓(?)、左胸にズキズキと締め付ける痛みがあったんです。
正月とか冬休みで不規則な生活からいきなり走ったりしたから負担が掛かったのかなと気にしなかったのですが、二日、三日と続き、歩くことですら時間が経つと痛くなってくるようになってきました。

流石に心配になりネットで調べると真っ先に出てきたのが狭心症。

・狭心症(きょうしんしょう、angina pectoris)とは心臓の筋肉(心筋)に酸素を供給している冠動脈の異常(動脈硬化、攣縮など)による一過性の心筋の虚血のための胸痛・胸部圧迫感などの主症状である。虚血性心疾患の一つである。完全に冠動脈が閉塞、または著しい狭窄が起こり心筋が壊死してしまった場合には心筋梗塞という。

ちょっとこれは勘弁してくれと思って早速近くの内科クリニックへ。
院長が心臓専門の人なんですが、その日は丁度消化器専門の人でした。
なので取り敢えず心電図を撮りましたが、異常なし。後日改めてとなりました。

そして今日、もう一度内科クリニックへ。
院長さんと話して、心拍にはやはり異常はないと。
院長さんは「体型からして気胸だと思うけどねぇ」

・気胸(ききょう Pneumothorax)とは、胸腔内で気体が肺を圧迫し、肺が外気を取り込めなくなった状態である。

要は肺に穴が開いていると。
狭心症については平常時と運動直後の心電図を比較。
気胸についてはレントゲンの診断。
結果は気胸でした。
気胸は背が高く痩せ型の若い(10代~20代)男性に起こりやすい傾向らしく、見事的中。

・嚢胞が発生する原因や破れる原因ははっきりとは判っておらず、それ故に自然気胸と呼ばれる。喫煙や運動、猫背などの姿勢、気圧変化(夏よりも秋から冬にかけての発症が多い)などによって肺に強い負担がかかったため、成長期の骨の急成長に肺の成長が間に合わずに肺が引き伸ばされてしまったため、心的ストレスや睡眠不足等の生活習慣の悪化のためとも考えられているが、いずれも確証は得られていない。

見事的中。
院長さんからは大体この後こういう流れになるよとだけ聞いたので実際どうなるかわかりません。
ただこの病気については背の低い人、太った人、年配の人、女性が発病する事も稀ではない。と書かれております。
みなさん気をつけてください。

おそらく入院、手術。です。わからないですけど。

気胸-wikipedia

終わり
スポンサーサイト

コメント - 2

-  2011, 01. 16 (Sun) 21:57

もしかしたら自分もそれかもしれないんですけど
病院いかないとダメですかね?
ほっといたらやばい?

編集 | 返信 |  

callman  2011, 01. 17 (Mon) 13:06

レントゲン撮ってもらえば一発ですよ。
体がおかしいと少しでも思えるなら医者に診てもらうのが一番です。

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。