上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
みんなクランってどういうものだって感じてるんだろうね。
自分はよく「クラン」ではなく「チーム」と言ったり、「クラン戦」ではなく「試合」と言ったりする理由はここにあるんだけどさ。

俺はガチでやるわけだから「チーム」でいたいわけよ。「クラン」が嫌いなの。
日本人の特徴的な部分である。流動的な部分。
「マスターが決めてよ」
俺はこれが嫌い。
「ガチでやろう」こういう思いを持った人が集まるから、勝手に「ガチクラン」になるんじゃないの?
だから俺は「加入」だの「テスト」だのっていう理が嫌い。
そりゃ流石に考えを一緒にしようとしない人とはやっていけない。「kick」しなくちゃいけない。
でもそれって「マスターが決めてよ」で通すものだと思うかい?
違うよね。みんなでしっかり話しあって決めるものじゃん。それがチームじゃん。
ガチでやるからにはみんなとのコミュニケーションが絶対的に必要。
メンバーみんなで話しあう。それが必要。
意見があれば聞く。みんなはそれを流してはいけない。そこにマスターなんてものは存在しない。
チームメイトが存在するだけ。

管理しきれないじゃん。とか思うかもしれない。それは人数が多い場合の話だろう?
人数が多くなればそりゃ企業の様に、役を与えてそれぞれで進めないといけない。
けれど、少人数の、ましてやサッカーチームの人数にも満たないものが必要だと思うかい?

俺は偏った考えを持ちたがるからアレだけど。

最近は面倒だから言わなくなったけど。
活動時間も、スケジュールも渡しているのに、活動出来ないのは如何なものかと。

そういう部活的な、クラブ的に、確実に活動をするのがガチだと思ってwktkしていたのに。

終わり
スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。