上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
土曜日のアイ・カフェお疲れ様でした。
前日の21時に起きたんだけれども、そのおかげで眠ることなど出来ず、どうしようかとVCにちょいとばかしお邪魔してた。自分だけ応募から落選してしまって、当日枠のワンチャンで行くかーとおおかみと話していたわけ。前にのっぽさんとおおかみとまほんで川崎のオフに当日参加でガチャだけでも回しに行こうとして行ったら、店が狭すぎて入れない事が起きて、結果そのまま帰るなんていうのがあったわけで、じゃぁ今回も入れないんじゃね?なんて話してた。
それが怖いってことと、眠れないってことから、始発電車に乗っておおかみの家でゆっくりする話になった。
始発電車に乗っておおかみの家に着いて40分程、まほんが9時半に友人と待ち合わせしてるだの言っていた事からそれくらいに秋葉に行こうと言っておおかみの家を出てアイ・カフェへ。
実はVCで話していたときに、当日については抽選を行うと書かれていた事を知っていたにも関わらず、何を思ったか12時半までに着けばいいものを3時間も前の9時に秋葉に着いた。
こっから地獄だった。おおかみも俺と同じく寝ておらず、すでに二人共睡魔に襲われていた。
朝でもあり、10度も無い外の気温に凍えていた僕らは何とか喫茶店に入れた。そこからは「眠い。」「あぁ。。・・・・・眠いな。」「・・・・そもそも、だ。こーるまん君・・・(ry」と言った会話のループが続く。
眠いという単語を100ほど言ったのでは無いかという頃、やっと13時。寒い外で抽選を行い、がしかし全員入れますという落ち。
店内が暖かく感じるにしても、人人人。睡魔と寒さなどで疲労していた自分とおおかみには、このネットカフェの本棚の間という狭い空間と、人混みが更に疲労を増させたに違いない。何がって座りたかった・・・・。

こっからはみそさんとあふぉくんとも会えて、まほんの紹介で顔合わせだけ済まし、僕は沈黙の一途を辿る。

そんな中昼食を食べようとコペル側とおおかみ・まほん側で別れた際、おおかみからメールが届く。
「帰るお。俺がさっき買ったQcKはお前にあげるお」
おおかみが買った荷物であるArkの紙袋を自分が持っていたのだが、帰るとメールだけ残しやがった。
帰る事は元々知っていたが、せめて受け取ってから帰れやと。

昼食を終えて、どうするかと話していたが、恐らく18時かそこらで終わるだろうと思い、ネカフェで時間を潰す事にした。1時間100円と書かれた場所に入り入会。2時間潰したかったので2時間と言うと、店員は「なら3時間の方が安いですよ」と言い、僕らは3時間を選んだ。しかし席についてみそさんが言う。「UST開いたら表彰式やってんだけどwww」omg。10分も経たずに席を立つ。880円なり。更にアイ・カフェについた途端「それでは抽選会を終了しまーす!!」というアナウンス。僕らは全てを逃した。

イベントも終了し、懇親会までしばらくお待ちくださいとカフェ内で待つ。
ガチャの列が長く、自分たちは最後の方で良いやと待ちに待つ。ちなみに、自分は入場時に回したFGを10万ユーロと交換し、終了後のガチャで、ルガー・ルガー・モシン・セロージャと出た。
自分の前にいたニコロビンさんが「俺、8枚も回せるんだぜ!!」と意気揚々と回したが全てクソだったことは言うまでもない。僕のためにクソ券取ってくれるなんて流石っす!!
俺の後ろのみそさんもクソ券だった。

懇親会、僕は開始30分が経過したくらいで、限界、寝てしまった。
気持ちは15分~30分程寝たくらいだろうと思ってあふぉくんにどれくらい寝たのかを聞くと「え?1時間半っすよ」と言われた。「マジ?」と聞き返したが、アヴァイエローが来て、「はい!それじゃあここらで懇親会はお終いで~す!!」と。一本締めして終えた。
みそさんに「マジwwwwこーるさん今日何したのかwwww(ハハッワロスwww)」をずっと言われたわけです。

最後にカラオケ行って、電車乗って帰りました。
懇親会の睡眠で目が覚めたとノリノリでVCに入り、CWをしたら、また自分は沈黙。日曜日は一日寝るはめになった。

そんな感じです。
チャンチャン♪

スポンサーサイト

コメント - 2

おるとろす  2011, 11. 29 (Tue) 00:18

俺なんか自分の試合終わったら速攻帰っちゃったからねw
まあ、疲れてしょうがなかったかなwガチャ一回回して終
わりとか、俺ってかわいそうwwwしかもSVDwww

編集 | 返信 |  

callman  2011, 11. 29 (Tue) 05:20

>>おるとさん
ざまぁwwwww

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。