上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
画像を一つずつ貼ろうと思ったがあまりに面倒臭いので、斧に上げた。

http://www1.axfc.net/uploader/N/so/146675&key=ava
pwはava


検証方法は
①右上のキルログが表示されるフレームを動画編集で同期させる。
②動画内の飛び出しと隠れるときを1フレームずつ画像に保存し何フレームのズレがあるか見る。

置き側のSRがcallmanで,飛び出し側のPMがみそさん
この検証はキルログを開始としているため、ダメージ判定や最後のキル判定は合ってる。

結果
(1フレーム、0.03秒)
・飛び出し
(3フレーム、0.09秒)
・壁に隠れるとき
・ダメージ判定
・キル判定


飛び出しは誤差レベルなので有利とは言い難い結果。基本置き有利。
既に知ってる事だが壁に隠れるときはラグの影響を受けやすい。自分が隠れても撃たれる現象。
またダメージ判定も3フレームのラグがあった。被弾ブレに影響する。

キル判定がわかりやすく面白い結果となった。
画像の通りこちらはまだ撃たれていない状態でも、既に相手側が殺している判定をサーバーが行なっている。
その為この3フレームの間に撃たれている側が何をしても何も起こらない。
よくSRで「当てた後にこちらが死ぬ」+「キルドバイ上でダメージ判定が無い」はこの3フレームの間の現象だろう。
これがC/S方式ではなくP2P方式だと相撃ちが起こる。


これは快適な回線状況下での検証なので、個人それぞれの回線によりまた違う結果が起こるだろう。

とまぁ恐らくこれで合ってるだろうと思える文章を書いた。
更に詳しいことはみそさんに託す。

終わり

の続き
さすがみそさん。さすがやでぇ・・・・ありがてえありがてぇ・・・。
http://suzukimisonosuke.blog.fc2.com/blog-entry-40.html
スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。