上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投稿するの忘れてました。
2月下旬に書いたやつ

■チェスの話をしよう

何を思ったか、「基本的に一歩しか進めないチェスの駒を何と言ったか?」という疑問が過ぎり、「確かポークだったような・・・。」とウィキペディアを開いた。
そのままチェスについてを流し読みしていたところ、「戦い方」の項目で自分の中で面白い事があったので書く。その戦い方の項目にはこう書かれていた。

「戦略」(Strategy)とは、局面を正しく評価すること、長期的な視野に立って計画を立てて戦うことである。「戦術」(Tactics)とは、より短期的な数手程度の作戦を示し、「手筋」などとも呼ばれる。戦略と戦術は、完全に切り離して考えられるものではない。多くの戦略的な目標は戦術によって達成されること、戦術的なチャンスはそれまでの戦略の果実として得られることが多いからである。

これを読んだとき自分は、実はstrategyとtacticsがどっちでどっちなのか知らず「あー、strategyが戦略で、tacticsが...」などと思った。
この戦略と戦術。意味は上にも書いたがこうだ。

・戦略:ゲームの目的は相手のキングを詰めることである。したがって、まず有利な局面を作ることが目標とされる。局面の優劣を評価する上で重要な要素は、駒を得すること(マテリアルアドバンテージ)と、駒がよい位置を占めること(ポジショナルアドバンテージ)である。

・戦術:戦術は1手から数手程度で完結する短期的な戦い方の技術である。戦術では「先を読む」ことが重要で、コンピュータが得意とする分野である。

ここからはAVAの話

■戦略と戦術

さて、一体どれだけの人が戦略も理解し、クラン戦をしているのだろうか。AVAをしているのだろうか。FPSをしているのだろうか。
単純な話が戦術を重ねあわせれば、結果的に戦略に繋がってしまうが、それでは元々戦略を考えて戦術をしている人には及ばないだろう。
これが中堅と上位の壁だろう。そう考えると面白くは無いだろうか?つまり、初心者と中堅の壁は、戦術を持ってるかいないかだと自分は思う。

■初心者から中堅以上へ

順を追って行こう。
初心者が爆破ミッションを始めたとする。守りスタートだ。
何が起こる?
答えは「ポイントで守る」だ。俗に言う芋待機
なぜ?
説明書を読まなかったのか?ポイントを守れ。それがこのゲームの内容だ。更に死んだらそのラウンドはリスポーンしない。最小限のリスクだ。当然ポイントで守る。
それ以外の行動は主に、開幕から全力で殺しに行くか敵が通るであろう場所を隠れて見るくらいだろう。
何故その3つの行動(あくまで例だが)しか出来ないのか。それは教科書がないからだ。
自分は上手い人の動画を見てからFPSを始めた。それだと簡単だ。真似をすれば良い。同じ動きをすれば良い。
それで勝ってしまう。
違いはなんだろうか。登場して頂きましょう...「戦術」である。
戦術を持っているかいないか。これに尽きる。
この戦術、中々に便利なものである。それを使うだけで勝ってしまうからだ。勿論負けるときもある。同じ失敗が起こる。
「ここをこうすれば良いのでは?」
改良を施す。おめでとう。君の戦術は1手から2手に増えた。
上にある通り、「戦術は1手から数手程度の...」である。初心者はこうして学び、成長する。

そうこうしているうちに、中堅レベルになるだろう。
何かアクションがあれば、頭の引き出しから戦術が飛び出す。常に動くことができ、いわゆる自分の立ち回りが出来てくる。

立ち回り:自分が有利になるような行動。

自分を有利にするには初心者の状態の戦術だけでは足りない。相手の行動を予測することが必要だ。

初心者の戦術→その場しのぎの戦い方
中堅の戦術→先読みをする戦い方→立ち回りの基本形→戦術を使いこなす

この初心者の戦術から中堅の戦術に移る過程において、先読みを習得するわけだが、簡単だ。
戦術を使っている内に自然とわかるようになる。
なぜなら「この戦術を使うと殆どの相手が同じ反応を示す」からだ。
基本的に自分がアクション(戦術)を仕掛けないと先読みは出来ない。先読みは必ず後手に回る。
先に相手にアクションを仕掛けられたらどうするか。その相手の戦術を知らなければ、まんまと罠にハマるだろう。
しかし知っているなら、アンチの戦術をぶつければ良い。
これが主な中堅同士の戦いである。

さてここまでの話は全て1ラウンド中に起きる話である。1試合中ではない。
1試合中の戦術と戦略となると全く別の話となるので切らせていただく。

中堅が上位になろうとすると何をするだろうか。作戦だ。
戦術の上を行く便利さを持っている。便利だからこそ使いたがる。それが作戦だ。
作戦について書くことは無い。ただ便利なだけ。それだけだ。

■最後に

自分がKopernixに入ったときが、まさに中堅が上位になろうと足掻く段階だった。
上位の動画を漁り、作戦を盗み、戦術を盗み、実践するだけ。とにかく戦術を増やし続けた。
だが上位クランと試合をするたび、くらいんさんとみそさんから大きな違いを感じる。
何かが違う。それが引っかかり続けた。
しばらくして教えてもらった。自分は戦略を持ってなかった。

話を戻そう。戦略を理解しているか。
あなたの経験してきた戦術は間違っていないと思う。そう思いたい。
けれどもそれは戦術→戦略になっただけのものであって、戦略→戦術ではない。もう一度引用しよう。

戦略と戦術は、完全に切り離して考えられるものではない。多くの戦略的な目標は戦術によって達成されること、戦術的なチャンスはそれまでの戦略の果実として得られることが多いからである。

チーム戦は戦略に則っている。
単純作業で試合をしているなら君は何が楽しくてゲームをしているのだと問う。MMOでモンスターを狩ってる人の方がまだ有意義である事になるぞと。
戦術は生まれ続ける。だから学ばない試合なんてない。他の古いFPSが今も続いていたのはそういう事だろうと思う。


続くかも
スポンサーサイト

コメント - 2

Says  2012, 03. 31 (Sat) 03:13

登場して頂きましょう...「戦術」である。(ドヤァ)

編集 | 返信 |  

Clain  2012, 03. 31 (Sat) 03:44

帝王マンセーって言いたいことだけわかった

編集 | 返信 |  

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。