上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さて突然ですけど、こんなことをやってみようと思います。

前々からやろうと思っていたんですけれども、出来ず終いで終わってました。

 

えー今大会で見事DeToNatorは王者へ返り咲きました。おめでとうございます。

大会全体を通して感じたことは戦力計算をしているクラン少ないなあと。

そういう話をしだすと長くなるので、大会全体のお話は次回辺りにしたいです。

 

さて1stMapはHB

攻めDetスタートです。

前半Requishの素晴らしい守りが展開されます。書くこともないです、良い形で噛み合ってました。

ただ後半Requishが攻めに切り替わって1R目(2-4,7R目)にターニングポイントが来ます。

①をロングからの挟み込みで攻めるんですけれど、このDetの形が素晴らしい。

DeToNator VS Requish (決勝戦1セット・1マップ目) - AVA RST2015 Season2.mp4_snapshot_15.01_[2015.06.21_23.06.48]

どんな形でも対応出来るように、必要最低限な守りをしているわけですよね。あんこ中毒のこの位置ってのは昔から使われてますけど、戦車の車輪の隙間からロングが見えるんですよ。で、見事一人目は先に決め撃ってkill、二人目でやられます。

ただ後続をサイハテが止めれないんですよね。やっぱり①中ってのは3人もいると渋滞してポジショニングが難しいわけで、この形ならトラックで忍者でも、戦車に乗ってても良いと思いますけど、別に正解がどれかってわけでもないんで、仕方ないです。

 

ただこれ読んで「真似しよ!」とか思っちゃった君!ダメだよ!これDetだから出来るやつだからね!

メンツからわかると思うけど、①中に釈迦、サイハテ、あんこ中毒っていうDetのAimerが並んでるわけよ。多分固定。で、それぞれ先見え出来るところに陣取っててさ、カバーもそこそこ出来る場所で。

つまりこの人達は二人確殺しちゃうの。嫌になるね!★ミ

 

案の定釈迦が尻拭いの2killを噛まし2on2の状況。その後1前をたらが白くなりながらもkillをするナイスプレイ。この時点で勝ち確なんですけど、みかんとたらがミスをしてしまい落としてしまいます。絶対に落とすべきラウンドじゃなかったですこれ。

 

次もRequishには悪夢が続きます。釈迦による4killです。こういう動きが出来るSRがHBの勝敗を左右すると言ってもいい動きです。いやどのマップでもなんですけどね。兎にも角にもこれがデカイ。

DeToNator VS Requish (決勝戦1セット・1マップ目) - AVA RST2015 Season2.mp4_snapshot_16.54_[2015.06.21_23.33.49]

ファインプレー!

言い方あれだけど、釈迦が強いんじゃなくて、この動きが強い!そしてこの大事な場面で当て切った釈迦が凄い!

 

ココらへんRequishがふわふわしっぱなしです。この後もRequishはバラバラの攻めが続きDetに止められ続け負けます。

HBはリスクマネージメントが出来ないとこうさらっと足元が掬われるので危険です。

何より、Detはセットポイント(6-4)で守りの1R目と同じ陣形を取っています。守りのDetにペースを飲まれちゃいました。

 

 

2ndMapはDS

このまま勝ちたいDetなんですがー。最初の2Rを連続して取られてしまいます。形自体は間違っていなくて、Requish側に好き放題された感が強く、3R目に2側全引きのローリスクに切り替えます。この形ってSleepですかね?確か。

DeToNator VS Requish (決勝戦1セット・2マップ目) - AVA RST2015 Season2.mp4_snapshot_05.26_[2015.06.21_23.55.23]

なのになのにRequishロング4?????ここへ来て何故じゃんけんをやりだしたのかわからないっす。

いくらでもお料理出来るのに!煮ても焼いても良いのに!これ見た瞬間頭抱えました。

1分使ってかなりスローなベース展開をしたにもかかわらず、1も2も索敵せずにいきなりロングに乗り出す謎!何かをチーム内で見つけたのだと思っておきましょう。

 

次ラウンド、Requishは2中が空だとわかり即座に侵入、設置をしますがー

DeToNator VS Requish (決勝戦1セット・2マップ目) - AVA RST2015 Season2.mp4_snapshot_06.57_[2015.06.22_00.03.14]

2中二人、シャワー二人、ベースに一人・・・・戦力足りません!!

別に足りない動きをするならまだしも、何もせず落としてしまいますし。

勝ち取った2Rをミスで2R落とす勿体なさ、うーむ。

 

その後もシーソーゲームが続きますが、次第にDetが一歩及ばないやり取りが続き、攻めが遅くなり更には雑になってしまい2セット目を落としてしまう。

Det側がサイハテによるプレイメイク頼りな試合だったようにも思えます。

判断力がモノを言うマップなので何ともいえないですけれどもね。

 

 

さてさて最後3rdMapがCN

Detが攻めで6ラウンド連続先取してしまうラストマップでした。

このマップについては特に話すこともないです。Detの熟練度の高さでしたね。全体通して試合運びが上手いです。CNの使い方をわかっています。

というよりもRequish側の”CNで起こり得る陣形の穴”があまりにも研究不足に思える内容でした。

ラストラウンドでまたもアタッカーの人数不足を起こしていますしね。

 

 

 

■終わりに

新しいビットマップ イメージ

 

適当に作ってみたやつ。特に意味ない。もっと細かくすると色々見えるかも。

時間あるときに全試合観て、こういうの書くつもりです。つもりです。つもりなだけ。

 

あと敬称略してごめんなさい。読みづらいなと思えたので消しました。

他の試合もまだ観てないので、HBの1中3人流行ってたらごめんなさい。

ちなみに僕は最近HBの1中は生き残れるように逃げて取り返すものだと考えてます。試せてないんでどうなるのかさっぱりわからないんですけどね。

 

 

終わり

スポンサーサイト

コメント - 0

新着記事一覧
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。